利用規約

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,株式会社メンヘラテクノロジー(以下,乙といいます。)が提供する都合のいい女友達サービス(以下,「本サービス」といいます。)の提供条件及び本サービスをご利用されるお客様(以下,甲といいます。)との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては,本規約の全文をお読みいただいた上で,本規約に同意していただく必要があります。

第1条(適用)
1 本規約は,本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する甲と乙との間の権利義務関係を定めることを目的とし,本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
2 本規約の内容と,本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は,本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)
本規約において使用する以下の用語は,各々以下に定める意味を有するものとします。
⑴ 「お客様」とは,第3条(利用登録)に基づいて本サービスの利用者としての登録がなされた個人を意味します。
⑵ 「本サービス」とは,乙が提供する「カノジョ・シッター」という名称のサービス(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は,当該変更後のサービスも含みます。)を意味します。
⑶ 「サービス利用契約」とは,本規約及び甲と乙の間で締結する,本サービスの利用契約を意味します。

第3条(利用登録)
1 登録希望者が,本規約を遵守することに同意し,乙の定める方法によって利用登録を申請し,乙がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。
2 乙は,乙の基準に従って,第1項に基づいて登録申請を行った甲の登録の可否を判断し,乙が登録を認める場合にはその旨を登録申請者に通知します。登録は,乙が本項の通知を行ったことをもって完了したものとします。
3 前項に定める登録の完了時に,サービス利用契約が甲と乙との間に成立し,甲は本サービスを本規約に従い利用することができるようになる一方で,サービスの対価としての料金支払債務を負うことになります。
4 乙は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の拒否・登録後の登録解除ができるものとし,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)未成年者,成年被後見人,被保佐人または被補助人のいずれかであり,法定代理人,後見人,補佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(4)暴力団,暴力団関係企業,総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下,総称して「反社会的勢力」といいます。)である,または資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持,運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると乙が判断した場合
(6)他の利用者に成りすます行為
(7)乙のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)その他,乙が不適切と判断する行為

第4条(登録事項の変更)
甲は,登録事項の変更があった場合,乙の定める方法により当該変更事項を遅滞なく乙に通知するものとします。

第5条(利用料金および支払い方法等)
1 甲は,本サービス利用の対価として,乙が定めた利用料金を,乙が指定する方法により支払うものとします。

第6条(本サービスの提供の停止等)
1 乙は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,甲に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
2 乙は,故意または重大な過失による場合を除き,乙による本サービスの提供の中止,停止,終了,利用不能または変更,甲が乙に送信したメッセージまたは情報の削除または消失,甲の登録の抹消,本サービスの利用による登録データの消失または機器の故障もしくは損傷,その他本サービスに関して甲が被った損害につき,賠償する責任を一切負わないものとします。
3 乙は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,本サービスの対価として甲にお支払いいただいた代金額の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。また,付随的損害,間接損害,特別損害,将来の損害及び逸失利益にかかる損害については,賠償する責任を負わないものとします。
4 乙は,本サービスに関して,甲や第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第7条(サービス内容の変更等)
乙は,お客様に通知することなく,本サービスの内容変更または本サービスの提供を中止することができるものとし,これによって甲に生じた損害について一切の責任を負いません。

第8条(利用規約の変更)
1 乙は,必要と判断した場合には,甲に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
2 乙は,本規約を変更した場合には,乙が定める方法で甲に当該変更内容を通知するものとし,当該変更内容の通知後,甲が本サービスを利用した場合または乙の定める期間内に登録抹消の手続を取らなかった場合には,甲は本規約の変更に同意したものとみなします。

第9条(反社会的勢力の排除)
1 甲及び乙は,それぞれ相手方に対し,次の各号の事項を確約するものとします。
(1)自らが,反社会的勢力ではないこと
(2)反社会的勢力に自己の名義を利用させ,本サービスの契約を締結するものではないこと
2 前項の各号のいずれかに該当した場合には,乙は何らの催告を要せずして,本サービスの契約及び本利用規約の登録を解除することができるものとします。
3 前項の規定により本サービスの契約が解除された場合には,乙は解除により生じる損害について,甲に対して一切の請求を行わないものとします。

第10条(通知または連絡)
甲と乙との間の通知または連絡は,乙の定める方法によって行うものとします。

第11条(権利義務の譲渡の禁止)
甲は,乙の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第12条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。


2019年5月31日